ルーメン微生物の役割と、ルーメン微生物が宿主動物の生産成績と健康に及ぼす影響について学ぶ

 

早速ルーメンの発達について学ぶ

Timely topics

著者 Hisashi Nabenishi and Atusi Yamazaki

この研究では、約20,000頭の子牛の健康データと約60,000頭の素牛市場の体重データを解析することにより、温湿度指数... 読む

著者 Jan C. Plaizier, Shucong Li, Anne Mette Danscher, Hooman Derakshani, Pia H. Andersen, Ehsan Khafipour

この試験では、穀物給与によりSARAを誘起した時の、ルーメンと糞中のマイクロバイオータの変化を調べています。 読む

著者 P. Pourazad, R. Khiaosa-ard, M. Qumar, S. U. Wetzels, F. Klevenhusen, B. U. Metzler-Zebeli, Q. Zebeli

飼料の給与方法が、乳牛の亜急性アシドーシス(SARA)の症状とルーメン内のVFA濃度に及ぼす影響について調べた、興味深い研究です。 読む

著者 Sophie Comtet-Marre, Frédérique Chaucheyras-Durand, Ourdia Bouzid, Pascale Mosoni, Ali R. Bayat, Pierre Peyret and Evelyne Forano

近年フランスの研究者らは、FibroChipと呼ばれる機能的DNAマイクロアレイを開発しました。FibroChipは、ルーメン微生物のセルロース及びヘミセルロース分解に関わる392の遺伝子をターゲットとしています。 読む

著者 H. C. Weigele, L. Gygax, A. Steiner,B. Wechsler and J.-B. Burla

スイスの酪農場17戸のデータを基にした研究では、歩様に問題のある乳牛は、歩様に問題のない乳牛と比べ、横になっている時間が長く、採食時間が短く、自動ブラッシング器を用いる回数が少ない傾向が見られました。 読む

著者 B. Stefanska, W. Człapa, E. Pruszynska-Oszmałek, D. Szczepankiewicz, V. Fievez, J. Komisarek, K. Stajek, W. Nowak

亜急性アシドーシスは、乳牛においてルーメン内の発酵とエンドトキシン濃度、リポ多糖による全身性の免疫反応に関わるCD14/TLR4/MD2... 読む

著者 C. Johnston, T.J. DeVries

泌乳牛の採食行動と生産成績の関係を調べるために、複数試験をまとめて解析した新しい研究によると、反芻時間1分につき乳量が0.02... 読む

著者 N. Brogna, A. Palmonari, G. Canestrari, L. Mammi, A. Dal Prà and A. Formigoni

近赤外分光分析(NIR)による素早い飼料の評価は、世界各地の農場でますます一般的になってきています。 読む

著者 Sarah J. Meale, Frederique Chaucheyras-Durand, Harma Berends, Le Luo Guan, Michael A. Steele

離乳期には、ルーメンの役割や下部消化管への栄養素の流入が大きく変わります。それに伴い、腸管の構造や透過性、機能も変化します。 読む

著者 J.C.Simroth, D.U.Thomson, E.F.Schwandt, S.J.Bartle, C.K.Larson, C.D.Reinhardt

アメリカのハイプレーンズ地域における、一般的なフィードロット施設(出荷や導入エリア、肥育ペン、治療棟)の調査結果です。 読む

著者 B.K.Wilson, D.L.Step, C.L.Maxwell, C.A.Gifford, C.J.Richards, C.R.Krehbiel

肉牛の導入時において、牛呼吸器病 (BRD) が経済性と生産成績に及ぼす影響を評価しています。 読む

著者 R.F.Cooke

フィードロットの肉牛のストレス性の炎症を抑えるための、異なる戦略(栄養および管理)を評価しています。 読む

反芻動物の健康と生産成績を考える上で、最も要となる消化管がルーメンです。粗飼料やその他の飼料は、ルーメン内に生息する微生物(細菌、プロトゾア、真菌)の活動によってエネルギーに変換されます。

ルーメンのマイクロバイオータが負の影響を受け、ルーメン微生物のバランスが悪くなった場合、繊維消化の低下やアシドーシスのリスクの増加がみられ、消化の快適性やアニマルウェルフェアに悪影響が及ぶことがあります。