Timely Topics

ルーメン微生物の活動をモニターする、新しい機能的DNAマイクロアレイ

著者 Sophie Comtet-Marre, Frédérique Chaucheyras-Durand, Ourdia Bouzid, Pascale Mosoni, Ali R. Bayat, Pierre Peyret and Evelyne Forano

近年フランスの研究者らは、FibroChipと呼ばれる機能的DNAマイクロアレイを開発しました。FibroChipは、ルーメン微生物のセルロース及びヘミセルロース分解に関わる392の遺伝子をターゲットとしています。 読む

SARAは、ルーメン発酵とエンドトキシン濃度に影響を及ぼす

著者 B. Stefanska, W. Człapa, E. Pruszynska-Oszmałek, D. Szczepankiewicz, V. Fievez, J. Komisarek, K. Stajek, W. Nowak

亜急性アシドーシスは、乳牛においてルーメン内の発酵とエンドトキシン濃度、リポ多糖による全身性の免疫反応に関わるCD14/TLR4/MD2 遺伝子の相対発現に影響を与えます。 読む
ページ 1 / 3