Timely Topics

離乳前に強化哺育を行った ホルスタイン子牛において、離乳日齢は増体と飼料摂取量、消化管の発達に影響を及ぼす

著者 E. Eckert, H.E. Brown, K.E. Leslie, T.J. DeVries, M.A. Steele

この研究では強化哺育の離乳日齢と飼料摂取量の関係を調査しています。さらに離乳日齢が離乳前の乳用子牛の増体や消化管の発達、行動指標に及ぼす影響についても調べました。 読む

ルーメンアシドーシス時の上皮バリアの損傷に対して、短鎖脂肪酸が果たす役割

著者 Meissner. S, Hagen. F, Deiner. C, Günzel. D, Greco. G, Shen. Z, Aschenbach. JR

亜急性ルーメンアシドーシス (SARA) は、短鎖脂肪酸 (SCFA) の蓄積によって引き起こされ、ルーメンpHの低下と上皮のバリア機能の損傷が見られます。本研究では、SCFAが直接上皮バリアの損傷に影響を及ぼすかについて調査を行っています。 読む

大腸菌のリポ多糖を乳房内に注入すると、飼料摂取量、咀嚼、臨床状態に悪影響が見られ、そのいくつかは亜急性ルーメンアシドーシスの牛で顕著となる

著者 Aditya, E. Humer, P. Pourazad, R. Khiaosa-Ard, J. Huber, Q. Zebeli

亜急性アシドーシス (SARA) の牛は、健康な牛と比べ、疾病への感受性が高いことが知られています。この研究では、SARAの牛は健康な牛と比べて、発熱、乾物摂取量、咀嚼活動に違いが見られました。 読む
ページ 1 / 5