ルーメンの 健康
テクニカルガイド

反芻動物の専門家によって作成された『ルーメンの健康』のテクニカルガイドを、希望者にプレゼントしております。

冊子を入手

肝膿瘍


肝膿瘍は、ルーメンから侵入した病原菌の毒素が原因となります。

アシドーシスによってルーメン壁が損傷すると、細菌が血流に侵入し、肝臓に到達し増殖します。38参考文献すべて表示Galyean M. L. and Rivera J. D. 2003.

abscessed-liver-photo-lallemand-forward
膿瘍が見られる肝臓
damage-liver-photo-lallemand-forward
損傷を受けたルーメン壁は、門脈血への病原菌の侵入を許します
healthy-liver-photo-lallemand-forward
健康な肝臓
  • 最も一般的な原因細菌は、Fusobacterium necrophorum (症例の100%) と Arcanobacter pyogenes (症例の35%)です。
  • 両細菌とも、ルーメン内の常在菌です。
  • これらの細菌から産生される毒素は凝固壊死を促し、被包膿瘍が進行します。そして時間をかけて最大15cmの線維性瘢痕を形成していきます。