ルーメンの 健康
テクニカルガイド

反芻動物の専門家によって作成された『ルーメンの健康』のテクニカルガイドを、希望者にプレゼントしております。

冊子を入手

糞の状態


糞の内容物、色、固さは、ルーメン内での消化状態を表す良い指標です。

糞状態は、生産者やコンサルタントがルーメンの消化状態を推測するのに良く用いる指標です。糞の状態を調べる際には、通常複数の側面から観察を行います。21参考文献すべて表示Hutjens M. F. 2010
 
35参考文献すべて表示Kononof P., Heinrichs J., and Varga G.

内容物

糞中に加工済みの穀物片や飼料片が未消化のままで出てくる場合、ルーメン発酵が低下している可能性があります。ルーメンpHが低く(ルーメン微生物の活動が低下します)、消化管内での飼料通過速度が速い場合、ルーメン内でのでんぷんと繊維の消化率用語集すべて表示消化率
消化吸収される飼料の割合のことです。摂取した成分量と糞中排出量の差から算出され、%で表示されます。
が低下します。20参考文献すべて表示Hall M. B. 2002.

糞中の未消化物量が多い場合に考えられること:

  • 飼料の加工が不適切である。(例:コーンサイレージ中に固い穀粒が入っている)   又は
  • ルーメン内での消化率が低い。繊維の摂取量が不十分で反芻が刺激されていないことや、ルーメンpHが低下していることなどが考えられます。
Manure with visible grain and/or large forage particles
糞中に見られる、未消化穀物/多量の繊維

色と固さ

ルーメンの消化状態が悪い場合に観察される糞の例を示します。ルーメンを素早く通過した細かい穀物がある場合、乾燥糞中に黄色い粒が見られます。この穀物が下部消化管で発酵した場合、糞の表面に粘液層が付着します。これは消化管組織に慢性炎症用語集すべて表示慢性炎症
環境の変化によって起こる、免疫反応が良く知られています。 慢性炎症は自然には治癒せず、悪化することもあります。  
や損傷があることを示しています。糞に空気が入っていたり、泡立っていた場合、アシドーシスや後腸での異常発酵によってガスが発生している可能性があります。

Manure consistency scale
基準となる糞の固さ