ルーメンの 健康
テクニカルガイド

反芻動物の専門家によって作成された『ルーメンの健康』のテクニカルガイドを、希望者にプレゼントしております。

冊子を入手

繊維消化の低下


繊維分解用語集すべて表示繊維分解
繊維を加水分解することです。
を担う微生物は、粗飼料の消化を最大化する上で必要不可欠な存在です。

反芻動物は植物組織からエネルギーを得るために、ルーメン発酵に依存しています。15参考文献すべて表示Oba M. and Allen M. S. 1999.

しかしルーメン微生物は、植物細胞を構成する全ての成分を利用できるわけではなく、ルーメン内での飼料の消化率用語集すべて表示消化率
消化吸収される飼料の割合のことです。摂取した成分量と糞中排出量の差から算出され、%で表示されます。
には違いがあります。このような背景から、動物の生産性を向上させるために、粗飼料の一部を易発酵性炭水化物用語集すべて表示易発酵性炭水化物
消化管内で発酵しやすい糖類のことです。短鎖の糖で構成され、細菌によって容易に分解されます。消化管のトラブルの原因となる場合があります。
に置き換えることが増えてきています。しかし一方で飼料中の易発酵性炭水化物比率の増加は、ルーメンでの繊維消化率を低下させることが知られています。16参考文献すべて表示Moorby J. M., Dewhurst R. J., Evans R. T., and Danelon J. L. 2006.

加えて主要な繊維分解用語集すべて表示繊維分解
繊維を加水分解することです。
細菌種であるFibrobacter succinogenesRuminococcus albusR. flavefaciens、及び繊維分解性の真菌は、特にルーメンpH5.8を下回る酸性条件に弱いことが知られています。

生産者にとっては、摂取量と利用率のバランスに優れた消化率の高い飼料を給与し、最終的に飼料から乳や肉、毛への変換効率を最大化することが目標となります。

PHOTO Rumen fungi on plant cell wall INRA
植物細胞壁に付着する、ルーメン真菌 ©INRA

炭水化物の種類に基づく、ルーメン内消化率用語集すべて表示消化率
消化吸収される飼料の割合のことです。摂取した成分量と糞中排出量の差から算出され、%で表示されます。
の違い

ルーメンpHと繊維分解用語集すべて表示繊維分解
繊維を加水分解することです。
の関係

指標とリスクの特徴主要因
table-arrow-up動物の生産成績- 肉牛において日増体量と飼料効率が低下するのは、ルーメン発酵の停滞に原因がある可能性があります。
- 泌乳牛において乳量と乳脂肪、乳脂肪/乳タンパク質比率が低下するのは、ルーメン発酵の停滞に原因がある可能性があります。17参考文献すべて表示Britt J. S., Thomas R. C., Speer N. C., and Hall M. B. 2003.
18参考文献すべて表示Allen M. S. 1997.
19参考文献すべて表示Sauvant D. and Peyraud J. L. 2010.
table-arrow-down下痢 & 未消化穀物
ルーメン効率が悪く、加工済みの穀物が糞中に未消化の状態で見られる時には、飼料のバランスが悪いか飼料の消化率が低いために、飼料の通過速度が速くなっている可能性があります。20参考文献すべて表示Hall M. B. 2002.
table-arrow-upボディコンディション痩せている牛は飼料の消化率が低く飼料摂取量が低下しており、ルーメン効率が低いと考えられます。22参考文献すべて表示Zaaijer D. and Noordhuizen J. P. T. M. 2003.
23参考文献すべて表示Heinrichs A. J.
24参考文献すべて表示Butler W.R. and Smith R. D. 1989.
table-arrow-down暑熱ストレス暑熱ストレス (気温と湿度)が増加すると、下に記載する理由から、アシドーシスと飼料消化率低下のリスクが高まります。
> 採食行動に負の影響が見られます: 明け方や夕方の涼しい時間に採食することを好みます。
> 乾物摂取量が低下します: 牛は易発酵性炭水化物を選び食いし、粗飼料の摂取割合を低下させます。
>口を開けた呼吸や流涎による唾液のロスにより、ルーメンに流入するバッファーの量を減少させます。31参考文献すべて表示Burgos Zimbelman Rosemarie and Collier Robert J. 2011.