ルーメンの 健康
テクニカルガイド

反芻動物の専門家によって作成された『ルーメンの健康』のテクニカルガイドを、希望者にプレゼントしております。

冊子を入手

ルーメン微生物


ルーメン内には、細菌、プロトゾア、真菌などが生息し、マイクロバイオータ用語集すべて表示マイクロバイオータ
マイクロバイオータは、特定環境に生息する生態系全体(細菌、酵母、真菌、ウイルス)を指します。腸内マイクロバイオータは、かつて腸内フローラとも呼ばれていました。
と呼ばれる多様性のあるコミュニティを作っています 2参考文献すべて表示Chaucheyras-Durand F., Ossa F.
10参考文献すべて表示McSweeney C.S., and Mackie R.I. 2012.
11参考文献すべて表示Morgavi D.P., Kelly W.J., Janssen P.H., and Atwood G.T. 2012.

細菌

ルーメン細菌はルーメン液1mL中に1010個存在し、今日までに数百種に分類されています。細菌量は総微生物バイオマス量の最大50%に相当し、反芻動物の代謝タンパク質用語集すべて表示代謝タンパク質
Metabolizable protein(MP)のことを指します。ルーメンバイパスタンパク質と微生物タンパク質の合計であり、小腸で吸収されるアミノ酸とタンパク質の総量を示します。代謝タンパク質は乳生産や免疫機能、繁殖などの複数の代謝過程で、動物に利用されます。
の75~80%を供給する重要な微生物タンパク質源です。細菌は繊維(セルロース用語集すべて表示セルロース
植物の細胞壁に含まれている、主要な炭水化物です。反芻動物はセルロースを消化することができますが、それは繊維分解性の微生物が産生する酵素の働きによるものです。
ヘミセルロース用語集すべて表示ヘミセルロース
植物の細胞壁に含まれる炭水化物の1種のことです。セルロースよりは分解されやすく、ヘミセルロース分解用語集すべて表示セルロース分解
セルロースを加水分解することです。
酵素によって比較的容易に単糖に分解されます。
)やでんぷん、糖を消化する酵素を産生する点においても重要です。

 


Bacteria

プロトゾア

絨毛を持つプロトゾア(絨毛虫)は、ルーメン液1mL中に10個存在しています。細菌よりも大きいため、微生物バイオマスとしては最大50%を占めています。プロトゾアの持つ多岐に渡る働きを紹介します。

  • セルロースGlossaryView allセルロース用語集すべて表示セルロース
    植物の細胞壁に含まれている、主要な炭水化物です。反芻動物はセルロースを消化することができますが、それは繊維分解性の微生物が産生する酵素の働きによるものです。

    植物の細胞壁に含まれている、主要な炭水化物です。反芻動物はセルロースを消化することができますが、それは繊維分解用語集すべて表示繊維分解
    繊維を加水分解することです。
    性の微生物が産生する酵素の働きによるものです。
    及びヘミセルロースGlossaryView allヘミセルロース用語集すべて表示ヘミセルロース
    植物の細胞壁に含まれる炭水化物の1種のことです。セルロースよりは分解されやすく、ヘミセルロース分解用語集すべて表示セルロース分解
    セルロースを加水分解することです。
    酵素によって比較的容易に単糖に分解されます。

    植物の細胞壁に含まれる炭水化物の1種のことです。セルロースよりは分解されやすく、ヘミセルロース分解GlossaryView allセルロース分解
    セルロースを加水分解することです。
    酵素によって比較的容易に単糖に分解されます。
    分解性のプロトゾアは、繊維片を分解します
  • 細菌よりも時間を掛けてでんぷんを分解するという点で、好ましいプロトゾアも存在します。
  • 乳酸を消費し、アシドーシスのリスクを抑えるプロトゾアも存在します。
  • 一部のプロトゾアは酸素を利用することが出来、嫌気性GlossaryView all嫌気性用語集すべて表示嫌気性
    酸素の存在しない環境状態のことです。

    酸素の存在しない環境状態のことです。
    を保つ働きを担います。

しかし大部分のプロトゾアはタンパク質を素早く分解し、アンモニアを放出します。それゆえプロトゾアは飼料タンパク質を浪費すると言えます。プロトゾアは宿主が利用できる微生物タンパク質の25%程度を供給します。また絨毛虫は、メタン古細菌の基質となる水素を多く産生します。絨毛虫は他のルーメン微生物にとっては捕食者であり、1時間でプロトゾア1細胞あたり、実に数千の細菌を飲み込みます。このような働きから、プロトゾアはルーメン微生物の生態系の安定に重要と言えます。


 

img-protozoa

真菌

ルーメン真菌は偏性嫌気性GlossaryView all嫌気性用語集すべて表示嫌気性
酸素の存在しない環境状態のことです。

酸素の存在しない環境状態のことです。
であり、総微生物バイオマスの最大8-10%を占めています。真菌は酵素を産生するとともに植物組織に糸状の仮根GlossaryView all仮根用語集すべて表示仮根
真菌が基質に付着するために伸ばす、糸状構造のことです。

真菌が基質に付着するために伸ばす、糸状構造のことです。
を伸ばすため、繊維分解GlossaryView all繊維分解用語集すべて表示繊維分解
繊維を加水分解することです。

繊維を加水分解することです。
において重要な微生物です。植物細胞壁を物理的に破壊することによって、リグニンGlossaryView allリグニン用語集すべて表示リグニン
植物細胞壁に含まれる、複雑な構造をした有機ポリマーです。加水分解されにくい性質を持っていますが、真菌の仮根により物理的に破壊することが出来ます。

植物細胞壁に含まれる、複雑な構造をした有機ポリマーです。加水分解されにくい性質を持っていますが、真菌の仮根により物理的に破壊することが出来ます。
と結合している多糖GlossaryView all多糖用語集すべて表示多糖
単糖分子が多数重合した物質のことです。

単糖分子が多数重合した物質のことです。
類が放出されやすくなり、微生物はより分解しやすい組織を利用できるようになります。結果としてルーメン微生物が消化できるエネルギー量が増加します。

 

img-fungi