穀物給与によりSARAを誘起した時の、ルーメンと糞中のマイクロバイオータの変化

著者 Jan C. Plaizier, Shucong Li, Anne Mette Danscher, Hooman Derakshani, Pia H. Andersen, Ehsan Khafipour

公開日 17/08/2018

Changes in Microbiota in Rumen Digesta and Feces Due to a Grain-Based Subacute Ruminal Acidosis (SARA) Challenge

この研究では、穀物ベースの飼料により亜急性アシドーシス (SARA) を誘起した時、泌乳牛のルーメンおよび糞のマイクロバイオータ用語集すべて表示マイクロバイオータ
マイクロバイオータは、特定環境に生息する生態系全体(細菌、酵母、真菌、ウイルス)を指します。腸内マイクロバイオータは、かつて腸内フローラとも呼ばれていました。
の変化を明らかにしています。SARAを誘起した泌乳牛では、細菌の豊富さ、多様性、安定性が低下しました。ルーメンおよび糞のマイクロバイオータに変化が見られ、SARAによりルーメンだけでなく後腸のマイクロバイオータも影響を受けたことが示唆されました。

 

さらに 原著論文を ‘Microbial Ecology’で読む