SARAは、ルーメン発酵とエンドトキシン濃度に影響を及ぼす

著者 B. Stefanska, W. Człapa, E. Pruszynska-Oszmałek, D. Szczepankiewicz, V. Fievez, J. Komisarek, K. Stajek, W. Nowak

公開日 01/02/2018

Title: Subacute ruminal acidosis (SARA) affects fermentation and endotoxin concentration in the rumen and relative expression of the CD14/TLR4/MD2 genes involved in lipopolysaccharide

ルーメン中に放出されるリポ多糖には、亜急性アシドーシス(SARA)との関連があることが新たに示されました。ポーランドの商用農場で行われた試験では、ルーメンpHの低下はルーメン内のLPS用語集すべて表示LPS
リポ多糖( Lipopolysaccharide)のことです。グラム陰性細菌の細胞壁を構成する成分です。 この成分が血中に放出された場合、炎症反応の原因となります。
恵量を増加させ、LPSの受容体複合体の発現と炎症反応経路による免疫反応を刺激しました。この話題に関しては、このページからさらに読むことが出来ます。

 

journalofdairyscience.orgから要約を読む