ルーメン微生物の活動をモニターする、新しい機能的DNAマイクロアレイ

著者 Sophie Comtet-Marre, Frédérique Chaucheyras-Durand, Ourdia Bouzid, Pascale Mosoni, Ali R. Bayat, Pierre Peyret and Evelyne Forano

公開日 01/02/2018

Title: FibroChip, a Functional DNA Microarray to Monitor Cellulolytic and Hemicellulolytic Activities of Rumen Microbiota

近年フランスの研究者らは、FibroChipと呼ばれる機能的DNAマイクロアレイを開発しました。FibroChipは、ルーメン微生物のセルロース用語集すべて表示セルロース
植物の細胞壁に含まれている、主要な炭水化物です。反芻動物はセルロースを消化することができますが、それは繊維分解性の微生物が産生する酵素の働きによるものです。
及びヘミセルロース用語集すべて表示ヘミセルロース
植物の細胞壁に含まれる炭水化物の1種のことです。セルロースよりは分解されやすく、ヘミセルロース分解用語集すべて表示セルロース分解
セルロースを加水分解することです。
酵素によって比較的容易に単糖に分解されます。
分解に関わる392の遺伝子をターゲットとしており、ルーメン微生物の繊維分解用語集すべて表示繊維分解
繊維を加水分解することです。
に関わる遺伝子を高速解析する、信頼性の高い手法です。このツールによって、ルーメン内での繊維分解における貢献度が過小評価されている可能性のある真菌への理解が深まっています。

 

この新しいツールについてもっと学ぶ