Timely Topics

ルーメンアシドーシス時の上皮バリアの損傷に対して、短鎖脂肪酸が果たす役割

著者 Meissner. S, Hagen. F, Deiner. C, Günzel. D, Greco. G, Shen. Z, Aschenbach. JR

亜急性ルーメンアシドーシス (SARA) は、短鎖脂肪酸 (SCFA) の蓄積によって引き起こされ、ルーメンpHの低下と上皮のバリア機能の損傷が見られます。本研究では、SCFAが直接上皮バリアの損傷に影響を及ぼすかについて調査を行っています。 読む

大腸菌のリポ多糖を乳房内に注入すると、飼料摂取量、咀嚼、臨床状態に悪影響が見られ、そのいくつかは亜急性ルーメンアシドーシスの牛で顕著となる

著者 Aditya, E. Humer, P. Pourazad, R. Khiaosa-Ard, J. Huber, Q. Zebeli

亜急性アシドーシス (SARA) の牛は、健康な牛と比べ、疾病への感受性が高いことが知られています。この研究では、SARAの牛は健康な牛と比べて、発熱、乾物摂取量、咀嚼活動に違いが見られました。 読む

乳牛の亜急性アシドーシスを発見するための、反芻胃pHの相対的な指標

著者 Villot C, Meunier B, Bodin J, Martin C, Silberberg M

亜急性アシドーシス (SARA) は、ルーメンpHを低下させる事象と定義されています。このルーメンpHの変化を正確に診断するには、どのような方法が最適でしょうか? 本研究では、この学術的な問題に取り組み、個体差をも考慮した診断方法を発見しました。 読む
ページ 3 / 6