Timely Topics

大腸菌のリポ多糖を乳房内に注入すると、飼料摂取量、咀嚼、臨床状態に悪影響が見られ、そのいくつかは亜急性ルーメンアシドーシスの牛で顕著となる

著者 Aditya, E. Humer, P. Pourazad, R. Khiaosa-Ard, J. Huber, Q. Zebeli

亜急性アシドーシス (SARA) の牛は、健康な牛と比べ、疾病への感受性が高いことが知られています。この研究では、SARAの牛は健康な牛と比べて、発熱、乾物摂取量、咀嚼活動に違いが見られました。 読む

乳牛の亜急性アシドーシスを発見するための、反芻胃pHの相対的な指標

著者 Villot C, Meunier B, Bodin J, Martin C, Silberberg M

亜急性アシドーシス (SARA) は、ルーメンpHを低下させる事象と定義されています。このルーメンpHの変化を正確に診断するには、どのような方法が最適でしょうか? 本研究では、この学術的な問題に取り組み、個体差をも考慮した診断方法を発見しました。 読む

ルーメン微生物の活動をモニターする、新しい機能的DNAマイクロアレイ

著者 Sophie Comtet-Marre, Frédérique Chaucheyras-Durand, Ourdia Bouzid, Pascale Mosoni, Ali R. Bayat, Pierre Peyret and Evelyne Forano

近年フランスの研究者らは、FibroChipと呼ばれる機能的DNAマイクロアレイを開発しました。FibroChipは、ルーメン微生物のセルロース及びヘミセルロース分解に関わる392の遺伝子をターゲットとしています。 読む
ページ 3 / 6