Assembly of 913 microbial genomes from metagenomic sequencing of the cow rumen

牛のルーメンのメタゲノム解析によって、913 の微生物ゲノムを集める

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Andrew H. Wiser, Maximilian O. Press, Kyle W. Langford, Ivan Liachko, Timothy J. Snelling, Richard J. Dewhurst, Alan W. Walker, Rainer Roehe & Mick Watson

公開日 28/02/2018

反芻動物がどのように摂取した飼料をエネルギーに変換しているかを理解することは、飼料消化の効率改善や、より少ない資源からより多くの食品を生産することにつながります。ルーメンの中には細菌、古細菌、プロトゾア、真菌などの微生物が複雑に密度高く棲息しており、 炭水化物を短鎖、揮発性脂肪酸(VFA用語集すべて表示VFA
揮発性脂肪酸 (Volatile Fatty Acid)のことを指します。ルーメン内の炭水化物は、微生物によってVFAに変換されます。VFAはルーメン壁から血中に吸収され、動物のエネルギー源として用いられます。最も主要なVFAは、酢酸、酪酸、プロピオン酸の3種類です。
s)に変換します。 しかしルーメン内には未だ培養できていない多くの菌種や菌株を含む、解明されていない環境です。この文献では43頭のハイランド牛から、913の細菌と古細菌のドラフトゲノムを示しました。 それらのゲノムの大多数は、今までに配列を解析されていない菌株と菌種の物でした。

もっと読む!