ルーメン微生物の役割と、ルーメン微生物が宿主動物の生産成績と健康に及ぼす影響について学ぶ

 

早速ルーメンの発達について学ぶ

Timely topics

著者 Yifan Zhong, Mingyuan Xue, Jianxin Liu

この研究では、乳中体細胞数が高い乳牛では、特定のルーメン微生物の構成が変化している可能性が示唆されました。体細胞数... 読む

著者 Elie Jami, Adi Israel, Assaf Kotser & Itzhak Mizrahi

The ISME Journal誌に2013年に掲載されたこの論文では、生後からのルーメン生態系の変化について述べられています。 読む

著者 S. L. Gelsinger, W. K. Coblentz, G. I. Zanton, R. K. Ogden, and M. S. Akins

この研究では、スターター飼料の形状(ペレットまたはテクスチャライズ)が、全消化管またはルーメン内での各消化率(乾物、中性デタージェント繊維、でんぷん、窒素)に及ぼす影響について調査しています。得られた重要な知見の一つは、全消化管での見かけの消化率(特に乾物)は、週齢が大きくなるにつれて減少したことです。 読む

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Andrew H. Wiser, Maximilian O. Press, Kyle W. Langford, Ivan Liachko, Timothy J. Snelling, Richard J. Dewhurst, Alan W. Walker, Rainer Roehe & Mick Watson

この文献では43頭のハイランド牛から、913の細菌と古細菌のドラフトゲノムを示しました。 それらのゲノムの大多数は、今までに配列を解析されていない菌株と菌種の物でした。 読む

著者 M.R. Carvalho, F. Peñagaricano, J.E.P. Santos, T.J. DeVries, B.W. McBride, E.S. Ribeiro

本研究において研究者らは、7,500頭の泌乳牛を用いて分娩後早期の疾病が与える長期間の影響を評価しました。 読む

著者 A.J. Fischer, C. Villot, J.K. van Niekerk, T.T. Yohe, D.L. Renaud, M.A. Steele

生後24時間以内に十分量の初乳を飲ませることは、子牛の健康のために不可欠であることはよく知られています。しかし初乳から常乳への移行乳の給与とその利点についてはあまり分かっていません。 読む

著者 Mohammed Anouar Belaid, Maria Rodriguez-Prado, Eric Chevaux, Sergio Calsamiglia

大規模な肉牛の集約農場において、病気の動物の発見は困難です。活動を測定することによって、行動の変化から病気の肉牛を見つけやすくなるかもしれません。 読む

著者 V. Ouellet, J. Laporta, G.E. Dahl

乾乳期への暑熱ストレスは、母牛とその子に非常に大きな負の影響を与えます。妊娠後期に暑熱ストレスを受けた母牛は、乳産生量が減少し、病気や栄養問題のリスクがとても高くなります。 読む

著者 M. Devant, G. B. Penner, S. Marti, B. Quintana, F. Fábregas, A. Bach, and A. Arís

牛も人のように空腹を感じるのでしょうか? 人は満足できる食事の選択肢がない場合、気力と行動に負の影響が及ぶことがあります。... 読む

著者 D.M. Bickhart, P.J. Weimer

将来的には、乳生産に影響を与える全ての要因を正確に組み合わせた相互関係モデル(遺伝子型x環境xルーメン微生物)から、乳量を推定できるようになる可能性があります。... 読む

著者 Trevor J.DeVries

このゲルフ大学の研究では、 乳牛の採食行動を調べています。例えば、乳牛は給餌された飼料を、どのように、いつ、何を食べるのか、といったことが示されました。それらは、乳牛の健康と生産成績に、有意に影響を及ぼします。 読む

著者 Thiago F. Fabris, Jimena Laporta, Amy L. Skibiel, Fabiana N. Corra, Bethany D. Senn, Stephanie E. Wohlgemuth, Geoffrey E. Dahl

フロリダ大学の研究では、 乾乳期全体の冷却環境を整えることで、乳量が最大で分娩30週間後まで増加しました。この試験では、乾乳期のどの時点の暑熱ストレスであっても、分娩後の生産成績に悪影響を与えることが示されました。 読む

反芻動物の健康と生産成績を考える上で、最も要となる消化管がルーメンです。粗飼料やその他の飼料は、ルーメン内に生息する微生物(細菌、プロトゾア、真菌)の活動によってエネルギーに変換されます。

ルーメン中のマイクロバイオータが負の影響を受け、ルーメン微生物の構成バランスが悪くなった場合に何が起こるでしょうか。繊維消化の低下やアシドーシスのリスク増加がみられ、消化の快適性やアニマルウェルフェアに悪影響が及ぶことがあります。