ルーメン微生物の役割と、ルーメン微生物が宿主動物の生産成績と健康に及ぼす影響について学ぶ

 

早速ルーメンの発達について学ぶ

Timely topics

著者 Erin E. Connor, Ransom L. Baldwin VI, Cong-jun Li, Robert W. Li, Hoyoung Chung

本研究において、ルーメン発達の分子マーカーとルーメン上皮を制御する遺伝子ネットワークが同定されました。 読む

著者 K.A.Beauchemin

この論文で著者らは、乳牛の採食行動と反芻活動に影響を与える飼料、動物、管理の要因についての知見をまとめています。 読む

著者 E. Eckert, H.E. Brown, K.E. Leslie, T.J. DeVries, M.A. Steele

この研究では強化哺育の離乳日齢と飼料摂取量の関係を調査しています。さらに離乳日齢が離乳前の乳用子牛の増体や消化管の発達、行動指標に及ぼす影響についても調べました。 読む

著者 Jun-hua Liu, Ting-ting Xu, Yu-jie Liu, Wei-yun Zhu, Sheng-yong Mao

ヤギを用いた本研究では、高穀物飼料はルーメン上皮の細胞損傷を引き起こし、局所免疫の反応に関わっているタイトジャンクションを変化させることを示しました。 読む

著者 Sarah J. Meale, Shucong Li, Paula Azevedo, Hooman Derakhshani, Jan C. Plaizier, Ehsan Khafipour, Michael A. Steele

本研究では段階的または突然の離乳を行ったホルスタインの乳用子牛を用いて、離乳前後のルーメンと糞便中のマイクロバイオームを解析しています。 読む

著者 E. Bonfante, A. Palmonari, L. Mammi, G. Canestrari, M. Fustini, A. Formigoni

この研究では、粗飼料ベースの完全ペレット飼料が、ルーメンの健康と繊維の消化率、生産成績に及ぼす影響を評価しています。 読む

著者 Michael A. Steele, Greg B. Penner, Frédérique Chaucheyras-Durand, Le Luo Guan

この研究では飼料とマイクロバイオータがどのように消化管の発達と炎症機能に影響を及ぼしているかについて、詳しく見ています。  読む

著者 Robin R. White, Mary Beth Hall, Jeffrey L. Firkins, Paul J. Kononoff

アメリカの研究者らによって実施されたこの研究では、中性デタージェント繊維 (NDF) 、飼料摂取量、飼料片、ルーメンpHの関係を数値化しています。 読む

著者 Meissner. S, Hagen. F, Deiner. C, Günzel. D, Greco. G, Shen. Z, Aschenbach. JR

亜急性ルーメンアシドーシス (SARA) は、短鎖脂肪酸 (SCFA) の蓄積によって引き起こされ、ルーメンpHの低下と上皮のバリア機能の損傷が見られます。本研究では、SCFAが直接上皮バリアの損傷に影響を及ぼすかについて調査を行っています。 読む

著者 Aditya, E. Humer, P. Pourazad, R. Khiaosa-Ard, J. Huber, Q. Zebeli

亜急性アシドーシス (SARA) の牛は、健康な牛と比べ、疾病への感受性が高いことが知られています。この研究では、SARAの牛は健康な牛と比べて、発熱、乾物摂取量、咀嚼活動に違いが見られました。 読む

著者 Villot C, Meunier B, Bodin J, Martin C, Silberberg M

亜急性アシドーシス (SARA) は、ルーメンpHを低下させる事象と定義されています。このルーメンpHの変化を正確に診断するには、どのような方法が最適でしょうか?... 読む

著者 Dipti W. Pitta, Nagaraju Indugu, Sanjay Kumar, Bonnie Vecchiarelli, Rohini Sinha, Linda D. Baker, Bhima Bhukya, James D. Ferguson

産歴によって乳量には違いがあります。研究者らは、産歴に伴ってルーメンマイクロバイオータにも違いがあるのではないかと考え、調査を行いました。 読む

反芻動物の健康と生産成績を考える上で、最も要となる消化管がルーメンです。粗飼料やその他の飼料は、ルーメン内に生息する微生物(細菌、プロトゾア、真菌)の活動によってエネルギーに変換されます。

ルーメンのマイクロバイオータが負の影響を受け、ルーメン微生物のバランスが悪くなった場合、繊維消化の低下やアシドーシスのリスクの増加がみられ、消化の快適性やアニマルウェルフェアに悪影響が及ぶことがあります。