ルーメン微生物の役割と、ルーメン微生物が宿主動物の生産成績と健康に及ぼす影響について学ぶ

 

早速ルーメンの発達について学ぶ

Timely topics

著者 Thiago F. Fabris, Jimena Laporta, Amy L. Skibiel, Fabiana N. Corra, Bethany D. Senn, Stephanie E. Wohlgemuth, Geoffrey E. Dahl

フロリダ大学の研究では、 乾乳期全体の冷却環境を整えることで、乳量が最大で分娩30週間後まで増加しました。この試験では、乾乳期のどの時点の暑熱ストレスであっても、分娩後の生産成績に悪影響を与えることが示されました。 読む

著者 J H McCaughern, A M Mackenzie, L A Sinclair

60頭のホルスタイン-フリージアン乳牛を用いた研究では、 銅の給与量を決める際には、飼料がルーメンpHに及ぼす影響を考慮する必要性が強調されました。 読む

著者 P Kazana, N Siachos, N Panousis, G Arsenos, G E Valergakis

ギリシャのアリストテレス大学の研究では、離乳した子牛のルーメンpHは、離乳前の群レベルの管理と離乳方法に関係があることが分かりました。 読む

著者 Jörg R. Aschenbach, Qendrim Zebeli, Amlan K. Patra, Gabriele Greco, Salah Amasheh, Gregory B. Penner

ルーメン上皮は、重要な栄養素と電解質を吸収するための主要な部位です。しかし微生物や毒素の進入を防ぐために、その吸収機能は高度に選択的である必要があります。この研究では、ルーメン上皮バリアの障害に対抗し修復を助ける要因について、... 読む

著者 E H Cabezas-Garcia, A W Gordon, C P Ferris

泌乳初期の高泌乳乳牛では、一般的に代謝状態が変化します。イギリスで行われた研究では、血液代謝産物とエネルギーバランス(EB)に関係が見られるかを調査しました。例:βヒドロキシ酪酸... 読む

著者 R Roehe, M Martínez-Álvaro, M D Auffret, C-A Duthie, R D Stewart, M Watson, R J Dewhurst

ルーメン微生物の遺伝子の存在割合を用いて肉の脂肪酸プロファイルを推定できれば、繁殖のための指標の代理形質として活用できる可能性があります。 読む

著者 Yanfen Cheng, Ying Wang, Yuanfei Li, Yipeng Zhang, Tianyi Liu, Yu Wang, Thomas J. Sharpton, Weiyun Zhu

この研究では、牛のルーメン内にけるルーメン細菌による稲わらの分解パターンを評価し、稲わらに定着している細菌を特定することを目的としています。 読む

著者 Marie Alvergnas, Tomasz Strabel, Katarzyna Rzewuska, Ewa Sell-Kubiak

蹄葉炎や爪の感染症は、しばしば乳量を低下させます。爪の問題は、繁殖問題や飼料摂取量の低下にも関わっています。この研究では、これらの損失を予防し、動物の福祉を向上させるための、最も効果的な手段を調査しています。 読む

著者 J.K. van Niekerk, M. Middeldorp, M.A. Steele

この研究では、反芻動物のルーメンと結腸の組織を生検する手法を開発しています。 読む

著者 Amy L. Skibiel, Bethany Dado-Senn, Thiago F. Fabris, Geoffrey E. Dahl, Jimena Laporta

胎子の期間に暑熱ストレスを受けると、一産目の乳量は有意に低下します。この研究では、胎子中の暑熱ストレスが、乳腺の発達にどのような影響を与えるかを調査しました。 読む

著者 M. Verdú, A. Bach, M. Devant

この研究では、配合飼料の形状が、反芻動物の採食行動に及ぼす影響を調べています。 読む

著者 Erin E. Connor, Ransom L. Baldwin VI, Cong-jun Li, Robert W. Li, Hoyoung Chung

本研究において、ルーメン発達の分子マーカーとルーメン上皮を制御する遺伝子ネットワークが同定されました。 読む

反芻動物の健康と生産成績を考える上で、最も要となる消化管がルーメンです。粗飼料やその他の飼料は、ルーメン内に生息する微生物(細菌、プロトゾア、真菌)の活動によってエネルギーに変換されます。

ルーメンのマイクロバイオータが負の影響を受け、ルーメン微生物のバランスが悪くなった場合、繊維消化の低下やアシドーシスのリスクの増加がみられ、消化の快適性やアニマルウェルフェアに悪影響が及ぶことがあります。