Timely Topics

ルーメンpHが、離乳移行期のホルスタイン子牛のルーメン上皮内の遺伝子発現、および末梢血単核細胞分画と血中代謝産物に及ぼす影響

著者 Yo-Han KIM, Noriyuki TOJI, Keiichiro KIZAKI, Kei TAKEMURA, Shiro KUSHIBIKI, Shigeru SATO

2019年に報告されたこの論文の著者らは、スターターのみを与えた子牛では、離乳後3週間時点のToll様受容体4によるシグナル伝達経路が活性化された一方、スターターと粗飼料を併給した場合には24時間平均ルーメンpHが高くなることを発見しました。スターターのみを与えた子牛ではルーメン上皮でのコレステロールの合成が低下した一方で、スターターと粗飼料を併給した場合にはエネルギー状態が高くなりました。 読む

3Dモデルを用いた乳牛の反芻胃の自動運動性解析

著者 X. Song, P. P. J. van der Tol, P. W. G. Groot Koerkamp, and E. A. M. Bokkers

この研究では、乳牛の反芻胃(第一胃と第二胃)の運動性を、自動で遠隔解析するための、低コストの3D視覚システムを実演しました。この自動測定は、手動解析と同等の結果を示しました。従来の手法と異なり、この自動測定は非侵襲的で牛にストレスを与えません。  読む

メタゲノム情報から再構築したゲノムを包括的に解析することによって得られた、ルーメンマイクロバイオームの遺伝および蛋白質情報

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Alan W. Walker, Rainer Roehe, Mick Watson

本研究では、イルミナシーケンスやナノポアシーケンスによって得られた6.5テラバイトより多くのデータを用いて、包括的な解析を行いました。 読む

体細胞数の異なる乳牛における、ルーメン細菌群集の構成

著者 Yifan Zhong, Mingyuan Xue, Jianxin Liu

この研究では、乳中体細胞数が高い乳牛では、特定のルーメン微生物の構成が変化している可能性が示唆されました。体細胞数 が多い乳牛は、乳量とルーメン内の揮発性脂肪酸濃度が低いことが示されました。しかし体細胞数が少ない乳牛と比べると、ルーメン細菌の多様性が高いことが分かりました。 読む

離乳前後の子牛における、スターター飼料のルーメン内および全消化管での消失率

著者 S. L. Gelsinger, W. K. Coblentz, G. I. Zanton, R. K. Ogden, and M. S. Akins

この研究では、スターター飼料の形状(ペレットまたはテクスチャライズ)が、全消化管またはルーメン内での各消化率(乾物、中性デタージェント繊維、でんぷん、窒素)に及ぼす影響について調査しています。得られた重要な知見の一つは、全消化管での見かけの消化率(特に乾物)は、週齢が大きくなるにつれて減少したことです。 読む

牛のルーメンのメタゲノム解析によって、913 の微生物ゲノムを集める

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Andrew H. Wiser, Maximilian O. Press, Kyle W. Langford, Ivan Liachko, Timothy J. Snelling, Richard J. Dewhurst, Alan W. Walker, Rainer Roehe & Mick Watson

この文献では43頭のハイランド牛から、913の細菌と古細菌のドラフトゲノムを示しました。 それらのゲノムの大多数は、今までに配列を解析されていない菌株と菌種の物でした。 読む
ページ 1 / 7