Timely Topics

形状の異なる配合飼料を多給し、わら給与の有無に違いがあるホルスタイン雄牛における、行動およびルーメンと盲腸の炎症

著者 M. Devant, G. B. Penner, S. Marti, B. Quintana, F. Fábregas, A. Bach, and A. Arís

牛も人のように空腹を感じるのでしょうか? 人は満足できる食事の選択肢がない場合、気力と行動に負の影響が及ぶことがあります。 この研究では、牛にも同様の影響があることが示されました。 読む

乾乳初期、乾乳後期、乾乳期全体の暑熱ストレスが、乳牛に及ぼす影響

著者 Thiago F. Fabris, Jimena Laporta, Amy L. Skibiel, Fabiana N. Corra, Bethany D. Senn, Stephanie E. Wohlgemuth, Geoffrey E. Dahl

フロリダ大学の研究では、 乾乳期全体の冷却環境を整えることで、乳量が最大で分娩30週間後まで増加しました。この試験では、乾乳期のどの時点の暑熱ストレスであっても、分娩後の生産成績に悪影響を与えることが示されました。 読む

シンポジウムレビュー: 乳牛の健康と生産性における、ルーメン上皮バリアの重要性

著者 Jörg R. Aschenbach, Qendrim Zebeli, Amlan K. Patra, Gabriele Greco, Salah Amasheh, Gregory B. Penner

ルーメン上皮は、重要な栄養素と電解質を吸収するための主要な部位です。しかし微生物や毒素の進入を防ぐために、その吸収機能は高度に選択的である必要があります。この研究では、ルーメン上皮バリアの障害に対抗し修復を助ける要因について、 研究者が知っていること、そして明らかにするべきことについて概説しています。 読む
ページ 1 / 6