LAN-1200x627-RumenBugs

メタゲノム解析による、ホルスタイン乳牛のルーメンマイクロバイオームが持つ機能の可能性

著者 Dipti W. Pitta, Nagaraju Indugu, Sanjay Kumar, Bonnie Vecchiarelli, Rohini Sinha, Linda D. Baker, Bhima Bhukya, James D. Ferguson

公開日 15/12/2015

産歴によって乳量には違いがあります。研究者らは、産歴に伴ってルーメンマイクロバイオータ用語集すべて表示マイクロバイオータ
マイクロバイオータは、特定環境に生息する微生物生態系全体(細菌、酵母、真菌、ウイルス)を指します。腸内マイクロバイオータは、かつて腸内フローラとも呼ばれていました。
にも違いがあるのではないかと考え、調査を行いました。メタゲノム解析により、ペンシルベニア大学のチームは、ルーメンマイクロバイオームは泌乳に伴って発達することを明らかにし、それが乳量に重要な役割を果たしている可能性を示唆しました。

要旨を読む