featuredimagecalf

生後72時間までの新生乳用子牛における、消化管内の特定のメタン古細菌、繊維分解細菌、プロテオバクテリア門細菌の存在

著者 Cesar E. Guzman, Lara T. Bereza-Malcolm, Bert De Groef, Ashley E. Franks

公開日 17/07/2015

この文献では、子牛の増体と消化管の健康において重要である、ルーメン微生物の定着についての知見を紹介しています。研究者らは、生後3日以内に定着する微生物は消化管の部位毎に大きく異なり、さらに繊維分解用語集すべて表示繊維分解
繊維を加水分解することです。
性細菌は繊維由来の基質が存在しないうちからルーメンに存在することを発見しました。これらの繊維分解性細菌は、繊維由来の基質以外の栄養素を利用している可能性があります。

 

文献を読む