Ruminal in situ disappearance and whole-tract digestion of starter feeds in calves before, during, and after weaning

離乳前後の子牛における、スターター飼料のルーメン内および全消化管での消失率

著者 S. L. Gelsinger, W. K. Coblentz, G. I. Zanton, R. K. Ogden, and M. S. Akins

公開日 10/01/2019

子牛における栄養消化率用語集すべて表示消化率
消化吸収される飼料の割合のことです。摂取した成分量と糞中排出量の差から算出され、%で表示されます。
に関するデータは限られています。この研究では、スターター飼料の形状(ペレットまたはテクスチャライズ)が、全消化管またはルーメン内での各消化率(乾物、中性デタージェント繊維、でんぷん、窒素)に及ぼす影響について調査しています。得られた重要な知見の一つは、全消化管での見かけの消化率(特に乾物)は、週齢が大きくなるにつれて減少したことです。

この研究結果は、子牛の栄養の利用能力に合わせた特別な飼料構成や加工を考えることに価値がある可能性を示しています。

全文を読むにはこちらから