Timely Topics

メタゲノム情報から再構築したゲノムを包括的に解析することによって得られた、ルーメンマイクロバイオームの遺伝および蛋白質情報

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Alan W. Walker, Rainer Roehe, Mick Watson

本研究では、イルミナシーケンスやナノポアシーケンスによって得られた6.5テラバイトより多くのデータを用いて、包括的な解析を行いました。 読む

離乳前後の子牛における、スターター飼料のルーメン内および全消化管での消失率

著者 S. L. Gelsinger, W. K. Coblentz, G. I. Zanton, R. K. Ogden, and M. S. Akins

この研究では、スターター飼料の形状(ペレットまたはテクスチャライズ)が、全消化管またはルーメン内での各消化率(乾物、中性デタージェント繊維、でんぷん、窒素)に及ぼす影響について調査しています。得られた重要な知見の一つは、全消化管での見かけの消化率(特に乾物)は、週齢が大きくなるにつれて減少したことです。 読む
ページ 1 / 2