Timely Topics

ルーメン微生物の活動をモニターする、新しい機能的DNAマイクロアレイ

著者 Sophie Comtet-Marre, Frédérique Chaucheyras-Durand, Ourdia Bouzid, Pascale Mosoni, Ali R. Bayat, Pierre Peyret and Evelyne Forano

近年フランスの研究者らは、FibroChipと呼ばれる機能的DNAマイクロアレイを開発しました。FibroChipは、ルーメン微生物のセルロース及びヘミセルロース分解に関わる392の遺伝子をターゲットとしています。 読む

メタトランスクリプトーム解析を用いて、繊維分解に関わるルーメン微生物を解明

著者 S. Comtet-Marre, N. Parisot, P. Lepercq, F. Chaucheyras-Durand, P. Mosoni, E. Peyretaillade, A. R. Bayat, K. J. Shingfield, P. Peyret, E.Forano

乳牛のルーメン微生物のメタトランスクリプトーム解析を行い、繊維分解酵素(糖質関連酵素:CAZymes)の発現と微生物構成を調べた研究です。 読む