Timely Topics

メタゲノム情報から再構築したゲノムを包括的に解析することによって得られた、ルーメンマイクロバイオームの遺伝および蛋白質情報

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Alan W. Walker, Rainer Roehe, Mick Watson

本研究では、イルミナシーケンスやナノポアシーケンスによって得られた6.5テラバイトより多くのデータを用いて、包括的な解析を行いました。 読む

体細胞数の異なる乳牛における、ルーメン細菌群集の構成

著者 Yifan Zhong, Mingyuan Xue, Jianxin Liu

この研究では、乳中体細胞数が高い乳牛では、特定のルーメン微生物の構成が変化している可能性が示唆されました。体細胞数 が多い乳牛は、乳量とルーメン内の揮発性脂肪酸濃度が低いことが示されました。しかし体細胞数が少ない乳牛と比べると、ルーメン細菌の多様性が高いことが分かりました。 読む

牛のルーメンのメタゲノム解析によって、913 の微生物ゲノムを集める

著者 Robert D. Stewart, Marc D. Auffret, Amanda Warr, Andrew H. Wiser, Maximilian O. Press, Kyle W. Langford, Ivan Liachko, Timothy J. Snelling, Richard J. Dewhurst, Alan W. Walker, Rainer Roehe & Mick Watson

この文献では43頭のハイランド牛から、913の細菌と古細菌のドラフトゲノムを示しました。 それらのゲノムの大多数は、今までに配列を解析されていない菌株と菌種の物でした。 読む

ルーメン微生物の活動をモニターする、新しい機能的DNAマイクロアレイ

著者 Sophie Comtet-Marre, Frédérique Chaucheyras-Durand, Ourdia Bouzid, Pascale Mosoni, Ali R. Bayat, Pierre Peyret and Evelyne Forano

近年フランスの研究者らは、FibroChipと呼ばれる機能的DNAマイクロアレイを開発しました。FibroChipは、ルーメン微生物のセルロース及びヘミセルロース分解に関わる392の遺伝子をターゲットとしています。 読む
ページ 1 / 2